整体院リプレ かくやまゆうたのぶろぐ

大阪府箕面市の片隅でひっそりとやっている整体屋さん。主に慢性的な痛み、どこに行っても良くならない重症な症状でお悩みの方を対象に施術を行っています。 このブログでは、慢性痛や重症症状を改善するためのヒントになること、良くなる人とならない人の共通点など、人間のコアな部分を紐解いて一人でも多くの人のお力になれるような内容をお伝えしたいと思っています。

腰痛がある時はウォーキングを控えた方が良い?

f:id:k-reple:20190818121752j:plain

 

「今は腰痛がきついからウォーキングはやめておこうかな…」

 

整骨院で「腰痛がある時は安静にしておいて下さい」と言われた」

 

「ネットで調べていると「腰痛の時はできるだけ歩こう」「痛みが強い時はできるだけ歩かないように」と反対のことを言っているので何が本当かわからない」

 

腰痛がある時はウォーキングなどで動かした方がいいのか、それとも動かさず安静にしている方がいいのか?

 

 

この答えはとてもシンプルで、

 

あなたが、

「歩いた方が楽か」

「歩かない方が楽か」

どちらかです。

 

 

おそらく、

「歩いていると徐々に痛みが小さくなってくる」

「じっとしているとずっと腰が気になってしょうがない」

ではないですか?

 

f:id:k-reple:20190818121850j:plain

 

朝起きた時は寝ていて動かしていないから腰が重いけど、身支度や通勤・通学をしているうちに朝より腰の重さがマシになってきませんか?

 

ならば、どうすればいいのかわかりますよね。

 

腰を気にせずにしっかりと歩きましょう!

 

 

 

ですが、ここで注意してほしいのが、

「腰をかばって歩くスピードを遅くしたり動きを小さくしないこと」

です。

 

f:id:k-reple:20190818122106p:plain

 

動きを小さくしてしまうと、持続的に腰の筋肉に無駄な力を入れた状態になりますので、かえって腰痛が悪化してしまいます。

 

「しっかりと腕を振って、スピードを上げて大きく早く歩く」

 

鞄や荷物を持っていて手がふさがっている時は、荷物を持っていない反対側の腕だけでもいいので、動かせる所はしっかりと動かして下さい。

 

「何をしたら楽で何をしたらしんどいのか?」

 

自分の感覚に従って行動して下さいね。

 

 

~~~~~~~~~~~~


追伸…

 

▼当院の腰痛治療の詳細はこちらをご覧下さい▼

k-reple.com

 

 

公式ホームページのブログもご覧下さい↓↓

https://k-reple.com/blog

 

 

【整体院リプレ 公式LINE】

友達限定の『とっておき話』を随時配信!

院長に直接無料相談できます!

▼友達登録はこちら▼

友だち追加

 

 
【整体院リプレ YouTubeチャンネル】

病態解説、セルフケア方法を動画にてご紹介!

▼閲覧・チャンネル登録はこちら▼

www.youtube.com

 

 

~~~~~~~~~~~~

すべり症のせいで腰痛が治らないと思っていませんか?

f:id:k-reple:20190817094114j:plain

 

「すべり症があるから腰痛とはうまく付き合っていかないといけないと思っている」

 

「すべり症だから腰痛が治らないのは仕方ない」

 

「これ以上悪くならないように適度に動かせば大丈夫だろう」

 

すべり症があることで腰痛が取れなかったり、やっていたスポーツを控えたり、旅行やお出かけの回数を減らしたりで今までの生活の充実を制限しているあなた。

 

そんなあなたに、すべり症や腰痛を気にせずに今まで通りの生活を送っても大丈夫だということをこのブログでお伝えしたいと思います。

 

 

そもそもすべり症というものを「病気」ととらえられてしまっていることがそもそもの間違いです。

 

すべり症というのは、先天性(生まれつき)の腰椎の形状であることが多く、これによる症状が出ないことがほとんどです。

 

f:id:k-reple:20190817094012p:plain

 

この事実は家庭医学書などにも記載があって、もはや現代医学の常識となっています。

 

 

元々の骨の形であるすべり症が、何年も経ってから腰痛となって出てくることは考えられません。もし、すべり症による腰痛であればずっと昔から、骨の成長が盛んな子供の頃から腰痛になっているはずです。

 

ましてやあなたは、24時間365日ずっと腰痛が出ているわけではありませんよね?

 

痛みが強くなる時もあれば小さくなる時もある。仕事や何かに夢中になっている時は腰痛を忘れている時もありますよね。

 

骨の形がそんな頻繁に変わることはありません。

 

あなたの腰痛が治らないのは、

 

「すべり症を気にして、腰をかばいながら生活している」

 

からです。

 

かばうというのは、言い方を変えると、

 

「動きを小さくして腰の筋肉を固めている」

 

ということです。

 

 

動かさないことで今後あなたの体は良い方向に向くと思いますか?

 

現に、今動く量を制限していることで状態は変わってないですよね。

 

スポーツやお出かけを控えて動く量を減らすとそれだけ筋肉が固まってしまいかえって腰痛が治りにくくなります。

 

 

以前のような生活を取り戻したいなら、以前の元気だった頃のあなたの真似をして下さい。

 

今のあなたは、腰痛が治らない人の真似をしている状態です。

 

 

しかし、いきなり100点の動きはできないと思うので、まずは、

 

f:id:k-reple:20190817095650p:plain

この日常生活動作から始めてみて下さい。

 

 

あなたの明るい未来は、あなた自身でしか作れません。

 

常に「なりたい自分」を意識して行動するようにしましょう!

 

 

~~~~~~~~~~~~


追伸…

 

▼当院はこのような方針ですべり症と診断された方と全力で向き合っています▼

k-reple.com

 

 

公式ホームページのブログもご覧下さい↓↓

https://k-reple.com/blog

 

 

【整体院リプレ 公式LINE】

友達限定の『とっておき話』を随時配信!

院長に直接無料相談できます!

▼友達登録はこちら▼

友だち追加

 

 
【整体院リプレ YouTubeチャンネル】

病態解説、セルフケア方法を動画にてご紹介!

▼閲覧・チャンネル登録はこちら▼

www.youtube.com

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

【変形性膝関節症】膝が痛いと動かしてはいけないと思っていませんか?

f:id:k-reple:20190811134440j:plain

「病院で膝が変形していると言われあまり動かさないようにと言われた」

 

「できるだけ歩かないようにして買い物も車で行くようにしている」

 

「これ以上悪くなって手術にならないように安静にして過ごしている」

 

膝が変形していたり、軟骨がすり減っていたりで悪くならないようにできるだけ膝を動かさないようにしているあなた。

 

 

その生活を続けて今膝の痛みはどうなっていますか?

 

どんどん悪くなっていませんか?

 

膝に負担がかからないように動かさないようにしているにも関わらずなぜ膝の痛みは日に日に悪化してしまうのか?

 

 

それは、

 

「動かしていないから」

 

です。

 

f:id:k-reple:20190811134641j:plain

 

膝を動かさないようにすることで、膝周りの筋肉が硬直して柔軟性がなくなり、膝関節の可動域(膝が曲がる範囲)が狭くなっているからです。

 

柔軟体操をする時に、関節が固いと伸ばす時に引っ張られて痛いですよね?

 

f:id:k-reple:20190811134714j:plain

 

これは、関節自体が固くなっているわけではなく、関節周りの筋肉が固いことで伸びが悪くなっていることで痛みが生じでいるのです。

 

あなたの膝も同じことが起きています。

 

動きを少なくしていることで、自ら膝を動かせないようにしてしまっています。

 

膝の筋肉が固まって動きが小さくなると、関節の表面が癒着を起こして膝の変形や軟骨のすり減りが余計に進行します。

 

最初は痛くて辛いかもしれませんが、痛みを取る為に筋肉を動かしていきましょう。

 

f:id:k-reple:20190811134909j:plain


 まずは、

「腕を振って大きく早く歩く」

「立ち上がる時に膝に手を置かない」

「座る時は素早く座面にお尻を落とす」

この3つから始めて下さい。

 

これができるようになれば、確実に今より楽に膝が動かせるようになります。

 

動かさないことで良くなることは何もありません。

 

痛みを取る為に今は辛くてもしっかり動かして、先々の快適な生活を見据えて取り組みましょう!

 

 

~~~~~~~~~~~~


追伸…

 

▼当院の膝痛治療の詳細についてはこちらをご覧下さい▼

k-reple.com

 

 公式ホームページのブログもご覧下さい↓↓

https://k-reple.com/blog

 

 

【整体院リプレ 公式LINE】

友達限定の『とっておき話』を随時配信!

院長に直接無料相談できます!

▼友達登録はこちら▼

友だち追加

 

 
【整体院リプレ YouTubeチャンネル】

病態解説、セルフケア方法を動画にてご紹介!

▼閲覧・チャンネル登録はこちら▼

www.youtube.com

 

~~~~~~~~~~~~

【四十肩・五十肩】肩が挙げにくい時は肩甲骨の○○を緩めよう!

f:id:k-reple:20190806153406j:plain

「肩が挙がらなくて朝着替える時にシャツを着るのが辛い」

 

「上の棚から物を取ろうとすると痛みで落としそうになる」

 

「寝返りの度に激痛に襲われて何度も夜中に目が覚める」

 

こんな四十肩・五十肩の症状でお悩みのあなた。

 

四十肩五十肩でなくても、肩を回した時に違和感があるという程度のものでも効果的なセルフケア方法をご紹介します。

 

 

f:id:k-reple:20190806145319p:plain

 

四十肩や五十肩などで肩が挙げにくくなると一般的な整骨院や病院では、腕の付け根辺りの筋肉(三角筋)の緊張を施術や注射で緩めたり痛みを和らげることをメインで処置をされます。

 

確かにこの部分に対するアプローチも有効なこともありますが、最も肩の動きを邪魔している部分は肩甲骨の外側から腕にかけて伸びている筋肉なのです。

 

f:id:k-reple:20190806145010p:plain

f:id:k-reple:20190806145029p:plain

 

この赤枠で囲んだ筋肉が固く緊張していると、肩を挙げる時に筋肉がうまく伸びずに引っ張られることで痛みを感じやすくなります。

 

f:id:k-reple:20190806145551p:plain

 

肩関節自体の問題よりも、この肩甲骨の外側の筋緊張をいかに緩めるかで四十肩・五十肩、その他の肩の挙上時痛の改善が見込まれます。

 

では、どのようにこの部分を緩めればいいのか?

 

1、肩甲骨の外側をもみほぐす

f:id:k-reple:20190806151516j:plain

写真のように、手指全体を使って肩甲骨の外側をわしづかみして優しくもみほぐして下さい。

1分ほどのもみほぐしを1セットとして、一日3~5セット行って下さい。

 

 

2、肩甲骨の外側をストレッチ

f:id:k-reple:20190806151857p:plain

写真のように、両手で反対側の肘を持って赤の矢印の方向へ上下に動かしてストレッチをかけます。できるだけ上下の振り幅は大きくして下さい(痛みが強い場合は振り幅を小さくしてください)。

 

上下10往復を1セットとして、一日3~5セット行って下さい。

 

 

どちらのセルフケアも、できるだけ痛みが比較的マシな時、お風呂や夜寝る前、日中気温が高くて体が温まっている時など、体にとって条件が良い時に行うとさらに効果的です。

 

このケアを2週間続けても1㎜も変化がない場合は、胸の筋肉や背部の筋肉など、もっと広範囲での筋緊張が起こっていたり、日常生活動作の中で無意識のうちにあなた自身で筋緊張を作ってしまっていることが考えられます。

 

そうなるとご自分だけのセルフケアでは対処しきれませんので、最寄りの治療院や整骨院などを受診して、施術者の指示のもと、施術でのアプローチや日常生活動作の見直しも行いながら筋肉を緩めて固まらないようにしていきましょう。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~


追伸…

 

 

 公式ホームページのブログもご覧下さい↓↓

 

 

https://k-reple.com/blog

 

 

【整体院リプレ 公式LINE】

友達限定の『とっておき話』を随時配信!

院長に直接無料相談できます!

▼友達登録はこちら▼

友だち追加

 

 
【整体院リプレ YouTubeチャンネル】

病態解説、セルフケア方法を動画にてご紹介!

▼閲覧・チャンネル登録はこちら▼

www.youtube.com

 

~~~~~~~~~~~~

顎関節症になったらここを緩めよう!

f:id:k-reple:20190805174841j:plain

 

「ご飯を食べる時に口を開けるとあごが痛くてうまく開けられない」

 

「無理に開けようとするとバキッと音が鳴ってあごが外れた感覚になる」

 

「あごが痛いからあまり喋らないようにしていて不愛想な人だと思われている」

 

などなど。

 

あごの関節が口を開けると痛かったり、開けると周りに聞こえるくらいの音が鳴ったりする症状を総称して「顎関節症」と言われます。

 

近年この顎関節症になっている人が急増していて、原因の多くは、

 

・パソコンなどのデスクワークで一点に集中している時に集中力を切らさないように歯を食いしばった状態が長時間続く

 

・育児や介護などの家庭でのストレスでイライラを抑える為に歯を食いしばって生活している

 

これら日常生活でのあごの関節への負担であると言われています。

 

歯を食いしばっている状態は、あごの関節周りの筋肉が緊張して固くなっている状態で、たとえ強い力で食いしばっていなくても、持続的に緊張させていると筋疲労を起こして柔軟性が悪くなってあごの関節の可動域が狭くなってしまいます。

 

 

【簡易検査】

口を開けて指を入れてみましょう。(画像はNHK「ガッテン」より抜粋)

f:id:k-reple:20190805173028p:plain

 

いかがでしょう?

 

3本以上入りましたか?

 

2本以下しか入らないあなたは「顎関節症」の疑いがあるといえます。

 

顎関節症の疑いがあるあなた、もし疑いがなくても口を開けると症状があるのであれば、以下の3つの筋肉を緩めてみて下さい。

 

1、咬筋(こうきん)

f:id:k-reple:20190805174615j:plain

歯を食いしばった時にあごの横に出てくる筋肉です。軽く口を開けてあごを脱力した状態で人差し指、中指、薬指の3指で優しくほぐして下さい。

 

 

2、側頭筋(そくとうきん)

f:id:k-reple:20190805174642j:plain

歯を食いしばった時にこめかみの部分でピクピク動く筋肉です。咬筋と同じように口を軽く開けて3指で優しくほぐして下さい。

 

 

3、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)

f:id:k-reple:20190805174753j:plain

顔を上に向けた時に喉ぼとけの両サイドをあごに向かって縦に伸びている筋肉です。3指と親指を使って筋肉をつまんで優しくほぐして下さい。

 

 

朝、昼、夜と食事前に各筋肉3分ずつくらい行って下さい。

 

軽度~中度の顎関節症であればこのセルフケアを続ければ改善していきます。

 

重度のものになると、このセルフケアで改善するケースもありますが、施術により入念にあご周りの筋肉を緩める必要があります。

 

まずはこの3つの筋肉を緩めることを2週間ほど続けて、それでも改善がなければ最寄りの治療院などで施術も加えて入念に緩めるようにして下さいね。

 

 

~~~~~~~~~~~~


追伸…

 

当院の顎関節症治療の詳細はこちらをクリックしてご覧下さい↓↓

k-reple.com

 

 公式ホームページのブログもご覧下さい↓↓

https://k-reple.com/blog

 

 

【整体院リプレ 公式LINE】

友達限定の『とっておき話』を随時配信!

院長に直接無料相談できます!

▼友達登録はこちら▼

友だち追加

 

 
【整体院リプレ YouTubeチャンネル】

病態解説、セルフケア方法を動画にてご紹介!

▼閲覧・チャンネル登録はこちら▼

www.youtube.com

 

~~~~~~~~~~~~

 

足のスポーツ障害を解消する○○の運動

f:id:k-reple:20190719212231j:plain

スポーツやダンスなど、体を動かすことが多くて足の痛みが出始めて病院や整骨院に行くと、

・シンスプリント

・オスグッド病

ジャンパー膝

・足底腱膜炎

・シーバー(セバー)病

などなど。

聞いたことのないような難しい病名を言われて、

 

「なんかわからんけど、とりあえず自分は重症なんだ…」

 

と不安になったり、これから大会や本番を控えているのにドクターストップがかかって参加できなくなってしまって絶望感を感じていませんか?

 

痛みの出方や部位は違いますが、実はこれら足のスポーツ障害はある共通した原因があって、この原因に対するアプローチができればスポーツやダンスを中止しなくても改善できることがあります。

 

その共通した原因というのは、

 

土踏まずが弱くなっていること

 

です。

f:id:k-reple:20190719212400j:plain

土踏まずは、足の初動時のバネとなる部分で、激しい動きで足にかかる衝撃を吸収したり、ポンプのように下半身の血流を促進して足の筋肉の疲労を回復させたりといった役割を担っています。

 

この土踏まずの機能が低下すると、初動時や激しく運動している時に足の筋肉に過度のストレスがかかったり、血流が悪くなって疲労回復が遅くなったりして上記のような難しい名前の病態になってしまいます。

 

土踏まずの機能は安静にしていても回復しません。土踏まずを活性化させるには、

 

「動かす」

 

ことが必要です。

 

しかし、いきなり動かそうとしても痛くて動かすことができませんよね?

まずは、この運動から始めて下さい↓↓

youtu.be

 

この足の指の運動がうまくできるようになったら徐々に練習を開始していきます。

 

もちろん始めは痛みも多少伴うと思いますし、痛める以前のような動きはできないと思います。

今まで土踏まずが弱っていることで足の筋肉に疲労による緊張が起こっているので、筋肉の緊張をストレッチやマッサージなどの施術で補助をしながら進めるとより回復が早くなります。

 

あなたのパフォーマンスを楽しみにしている人たちの為に、一日でも早く症状を改善してあなたもあなたも周りの人も楽しく過ごせるようになりましょうね!

 

 

~~~~~~~~~~~~

追伸…

 

公式ホームページでより詳しい内容のブログもご覧下さい↓↓

https://k-reple.com/blog

 

 

 【整体院リプレ 公式LINE】

友達限定の『とっておき話』を随時配信!

院長に直接無料相談できます!

▼友達登録はこちら▼

友だち追加

 

 

【整体院リプレ YouTubeチャンネル】

病態解説、セルフケア方法を動画にてご紹介!

▼閲覧・チャンネル登録はこちら▼

www.youtube.com

 

~~~~~~~~~~~~

膝が痛くてしゃがめないあなたへ

先日、当院の患者さんからこのような口コミをいただきました。

f:id:k-reple:20190716162503p:plain

 ~もう7年ほど前から痛い膝をかばいながら仕事をしていました。病院にもあちこち行きましたが 痛み止めを出されたり、レントゲンやMRIなどを診て、

「軟骨がすり減ってありませんね」

「体重を落としてください」

「プールで歩いてください」

など何処に行っても言われることは同じで全く治りませんでした。

ある日通っていた病院で先生に、

「痛みで夜に眠れません」

と話すと、

「そんなに眠れないなら精神科に行ったらどうですか」

と言われました。

私は痛いから眠れないと言ったのに、精神科って...。もうその病院に行くのをやめました。治療費や薬代がもったいないと思ったからです。 でも、なんとかこの痛みから解放されたくて色々スマホで検索しているとふと目に止まったのが「リプレ」さんでした。

藁にもすがる思いで自分のこれまでの経過や症状を書いてLINEで送ってみました。角山先生からはすぐに返事が届きました。 初めは遠いし(片道2時間かかるので)どうしようかと迷いましたが とりあえず行ってみようと思いました。

私はその頃膝が痛くて曲がらず、介護職ですが、いつもお相撲さんの四股立ちのような格好で仕事をしていました。階段も昇るのも降りるのも辛くて毎日泣きたいくらいでした。

そんな私に角山先生は30分ほどカウンセリングを行った後、

「ちょっとしゃがんでみませんか」

とおっしゃるのです..

「いやいや、痛くてできません。もうずっとしゃがむことができないんです」

と言う私に

「まぁ、やってみてください」

とおっしゃるのです。

しぶしぶやってみると!

 

?????なんと!もう長い間しゃがんだことのない私が 痛みはあるものの、しゃがめたのです!

えー?????どうして?????なんで?????

と不思議でしかたありませんでした。

私は膝を曲げると痛いと思い込み、痛みが怖くてしゃがむ動作をしなくなっていたのです。そう思い込んでいたのです。

その思考でロックされた私の脳を先生がカウンセリングで解除してくださったようです。 この先生なら私を膝の痛みから解放してくれるかもしれない!と思い、先生を信じてリプレさんに通うことに決めました。

先生の施術は丁寧です。先生は「自分は手助けをしているだけ」とおっしゃるのです。あくまでも治すのは自分自身であると。 正しい歩き方をすること、効果的なストレッチのやり方、また、痛いとき、楽なとき自分がどうしていたのかをちゃんと考えること。色んなことを教えてくださいます。ガチガチに固まった思考の脳を解きほぐしてくださいます。 私も、同じ質問を何度も何度もするのですが、先生も何度も何度もぶれずに答えてくださいます。 痛みの根本を見つけて教えてくださいます。根本がわからなければ いくら薬を飲んでも、たとえ手術をしても治らないんだ と私は思えるようになりました。

今は気がつけばしゃがんで仕事をしている自分になってきました。メンテナンス的に月一で通っています。毎月の楽しみです。~

 

 

多くの膝痛患者さんは、

「膝が痛いから曲げられない、しゃがめない」

と思い込んでいますが、「痛いから」と決めつけてしまって膝を曲げようとしない、その結果、膝が固まってしまい可動域が狭くなって痛みを感じやすくなって今に至っているという方がほとんどです。

 

「イナゴの佃煮なんか美味しくないに決まっている」と食べてもいないのに先入観で食べられなくなっているいわゆる『食わず嫌い』と同じです。

 

イナゴの佃煮やカブトムシの幼虫は見た目は良くないですが食べたら意外と美味しいですし、この患者さんのように実際しゃがんでみたら意外とできた!ということが多々あります。

f:id:k-reple:20190716164318j:plain

 

痛いか痛くないかではなく、曲げられるかどうかです。

 

痛みで状態の判断をすると、動きにブレーキがかかって曲げられるものも曲げられなくなります。

 

最初は手すりに掴まってもいいですし、お風呂上がりの全身の筋肉が温まって柔らかくなっている時でもいいです。しゃがまなくても椅子に座った状態でもいいですので、勇気を出して膝を曲げてみて下さい。

 

それでもなかなかうまく曲げられないというあなたは、この患者さんにご指導したしゃがみ方をお教えしますので当院の公式LINEよりメッセージを下さい。

 

~~~~~~~~~~~~


追伸…

 

 公式ホームページでより詳しい内容のブログもご覧下さい↓↓

https://k-reple.com/blog

 

 


【整体院リプレ 公式LINE】

 友達限定の『とっておき話』を随時配信!

院長に直接無料相談できます!

▼友達登録はこちら▼

友だち追加

 


【整体院リプレ YouTubeチャンネル】

 病態解説、セルフケア方法を動画にてご紹介!

▼閲覧・チャンネル登録はこちら▼

www.youtube.com

 


~~~~~~~~~~~~