姿勢整体院リプレ角山さんの日記

『足裏』から体の歪みを整え、腰痛や肩こり、膝の痛みなどを改善させる治療家。そんな角山さんの熱い話をお届けします!

【真実】ぎっくり腰は亜脱臼

ぎっくり腰に診断名をつけるのであれば、整骨院では腰部捻挫、整形外科では急性腰痛症などとなりますが、たまに椎間関節の亜脱臼を起こしている場合があります。

 

ぎっくり腰にも種類があって、脊柱起立筋(いわゆる背筋)とその筋肉を包んでいる筋膜の癒着によるものや前述の椎間関節の亜脱臼、腸腰筋と呼ばれる腰の前(腸の後ろ)にあるおじぎをするときに使う筋肉の部分断裂だったり、挙げていけば難しい言葉がたくさん出てきます。

 

筋肉や筋膜の問題であればマッサージや鍼治療で改善していきますが、治療しても痛みがなかなか取れない場合は椎間関節の亜脱臼が考えられます。

 

逆に言えば施術をしなくても何かの拍子に関節がはまったら痛みが瞬時に消えることもあります。

 

椎間関節を入れやすい動作は前屈です。

 

いろいろ試していただいても痛みが変わらない場合は前屈ストレッチをしてみて下さいm(_ _)m

できれば立ってする方が入りやすいです。

 

その他ぎっくり腰になったらやるべき事をお伝えしている動画がありますので、よろしければご覧下さいm(_ _)m

 

https://k-reple.com/symptom_menu/ぎっくり腰